3児ママが実際に使ってみておすすめしたい育児グッズ9選!

長男の時は出産準備グッズのリストを見て、あれも買わなくちゃ、これも買わなくちゃといろいろ買って準備していましたが、実際にあまり使わなかったものも多々あったりしました。

そこで、実際に使ってみて便利だなと感じた育児グッズをいくつか紹介したいと思います。
また、後半ではこれは使わなかったというグッズも紹介します。

これは便利!おすすめ育児グッズ9選!

エルゴベビーシリーズ(抱っこひも)

1人目が首座ってから毎日のようにエルゴベビーオリジナルを使用しているので、2人目1歳半にして既にぼろぼろです。

1人目のときは首が座るまでベビーカーで出かけていたのですが、2人目は上の子がいて追いかけなければならないのでそうもいかず、オリジナルにインサートを付けて出かけたりしました。

Ergobaby Original Carrier 抱っこひも 抱っこ おんぶ ベビー エルゴベビー ベビーキャリーヒップキャリー フロントキャリー バックキャリー【smtb-ms】0579740

友人に借りてアップリカなどの抱っこ紐もいくつか試したのですが、装着のしやすさや安定感がやっぱりエルゴのほうがしっくりきたので、これを選びました。

3人目の今現在は、エルゴベビーオリジナルがボロボロになってしまったので、エルゴベビーのアダプトを購入し使っています!

夏生まれなのでインサートつけて使用するのは暑いなと思っていたのですが、アダプトはインサートなしでも新生児から使用可能な上、メッシュ素材の物も出ているので、暑さ対策にもなります。

抱っこ紐は安い買い物ではなく、長い期間使用するものなので、お店に行ったりして実物を見て使い勝手を試してから購入すると、抱っこ紐選びを失敗しなくて済みますよ!

エルゴ 抱っこ紐【ポイント10倍+豪華レビュー特典有】日本正規品 2年保証【2020型】エルゴベビー ADAPT(アダプト) クールエアー/グレー/ブラック/ディープブルー/ローデン/オックスフォードブルー【あす楽】【抱っこひも 抱っこ紐 おんぶひも】ergobaby メッシュ 出産祝い

抱っこ紐収納カバー

ベビーカーと抱っこ紐を持ってお出かけしたり、行った先で子どもを下ろしたりするときなど、抱っこ紐を使わないときって大きくて持ち運ぶのに結構邪魔なんですよね。

そんなときにおすすめなのが抱っこ紐収納カバー。

抱っこ紐を腰に付けたまま、抱っこ紐をくるくるっとまとめて収納して、ウエストポーチのように持ち運ぶこともできるし、小さくまとまるので、ベビーカーの取っ手のところにぶら下げたり、下の物入れのところに入れたりもできるように!

授乳クッション

入院中は病院で貸してもらっていたのですが、退院後、普通のクッションや枕で代用できるかなと思っていましたが、やっぱり安定感が違いました。

初めての授乳で全く慣れていない上、普通のクッションで変な体勢で授乳していたら肩や背中が痛くなってしまって、退院後に旦那に慌てて買いに行ってもらいました。

くまのプーさん選べる回転6wayジムにへんしんメリー

これは、長男が2ヶ月の頃に購入し、3人目の今現在まで、4年以上使用しています。

成長に合わせてメリーからジムに形を変えて遊べるので、長く使えるところがおすすめです。

未だに上のお兄ちゃんたちもボタンをポチポチ押して音楽流したりして楽しんでいます!

漏れないストローマグ

ストローマグは、お出かけの時や夜寝床に持っていって使用しているので、漏れないことが大前提!

漏れると周りのものまでびっちゃびちゃになってしまうので、本当困ります。

今まで結構たくさんのストローマグを試してきて、漏れなくておすすめのストローマグを2つご紹介します!

コンビテテオのストローマグは、ストローが使えるようになった7ヶ月ごろから1歳半ごろまで使用していました。

倒したり、振ったりしてもほとんどこぼれないので助かります。

ピジョンの大き目ストローマグは、1歳半を過ぎたころから使用しています。

4歳と2歳の上の子たちも未だに夜寝る前にお茶を飲むのに使用しています。

コップや水筒を寝床に置いとくと、倒してびしゃびしゃになってしまうので、ストローマグだと本当に助かります。

赤外線体温計

これは、おでこにかざして1、2秒くらいで熱を計れてしまう優れものです。

子供が小さいうちは、脇に挟むタイプの体温計だとなかなかじっとしていてくれずに大変です。

さらに、保育園に入ると毎朝熱を計らなくてはならないので、これはとっても役に立ちました!

電動鼻吸い器

我が家は、最初口で吸うタイプの鼻吸い器を使っていたのですが、とにかく毎回風邪がうつるんです。

子供が風邪をひいて鼻を吸うたびに私が気管支炎になってしまって、少し高いんですが、電動鼻吸い器を買うことにしました。

初めて使ったときものすごく感動しました!

鼻水がどんどん取れる。
取れすぎて痛くないのかと心配になってしまったほどです。

でもまぁ、どっちみち子供たちは嫌がりますけどね。

電動鼻吸い器にしたら、毎回うつっていた風邪がほとんどうつらないようになりました。
↑コレ、とても重要!

吸引力が強くてねばねば鼻水もすっきり取れるのがこの電動鼻吸い器の据え置きタイプ↓

据え置きタイプより吸引力はやや劣りますが、持ち運びが可能な上、リーズナブルなのが電動ハンディタイプ↓

バンボ

長男が5ヶ月になって、離乳食開始時期から使用しています。

大体1歳3ヶ月くらいまで使っていました。

長男の場合は、お座りするのが11ヶ月だったので、バンボが非常に役立ちました。

バンボがなかったら膝の上にのせてご飯を食べさせなければならなかったので…。

お座り前の離乳食時期に大活躍です!

長袖お食事エプロン

食べるのが汚い子におすすめです。

よく売られているスタイタイプのエプロンだと袖を折っていても自分で触ってしまったり、汚れがエプロン上だけにとどまらないので我が家の子供たちはつかみ食べ以降、長袖エプロンを使用しています。

買ったけどほとんど使わなかったベビー用品を紹介

哺乳瓶

哺乳瓶の種類で乳首の部分の使用感が結構違うので、うちの子たちは出産前に買っておいた哺乳瓶は受け付けませんでした。

その上、退院時に病院からいろいろなメーカーの試供品などをもらう中に哺乳瓶が2本も入っていたのもあり、我が家には未開封の哺乳瓶が4本くらいあります…。

哺乳瓶は病院で使用されているものと同じメーカーから出ているものを買うのがおすすめです。

ちなみに、うちの場合はピジョンの母乳実感のシリーズしかダメでした。

ベビーベッド

ベビーベッドは、レンタルでもいいんじゃないかな…というのが正直なところです。

親の寝床がベッドなら使用期間が長くなるかもしれませんが、布団で寝ている場合はベビーベッドいらないと思います。

我が家の場合、長男のときは親もベッドで寝ていたので1歳3ヶ月くらいまで、次男以降は引っ越してみんな布団で寝ているので、日中リビングにいるときに寝かせているくらいです。

リビングにいるときだけ使うなら、バウンサーやお昼寝布団とかで全然代用できるので、ベビーベッド買わなくて全然OK。

その上、使ってないときは分解するとはいえ、場所を取るので収納場所にかなり困ります。

授乳ケープ

1人目のときは授乳の時間を考えてあまり遠出をしなかったので、家で授乳することが多かったため使いませんでした。

2人目以降は出かけることも多々ありましたけど、最近はいろいろな施設に授乳室が設けられていたり、授乳室がなくても車の中やトイレなどで授乳していたため、公衆の場でほとんど授乳することがなかったので使わなかったです。

新生児用靴下・ミトン

赤ちゃんは手足で体温調節するので、靴下はほとんど履いていません。

ミトンも顔をひっかいてしまうのでさせてみましたが、自分で取ってしまうのでいらなかったです。

秋冬生まれの子の外出の時等は必要かもしれませんが、家の中にいるときは必要ありません。

まとめ

正直、赤ちゃんのころ使うものは本当に短い期間なので、お下がりやレンタルでもいいと思います。

下の子が1歳過ぎたあたりからベビーカーやベビーベット、ベビーバスなどもう使っていないので、倉庫に押し込んであります。とても場所を取ってしまって邪魔なのでレンタルでよかったなと思っています。

赤ちゃんが生まれる前に準備をしっかりしておきたいという気持ちはとてもよく分かりますが、最低限のものを用意して必要になったら買い足していくほうがいいのではないかと思います。

現在ネット通販も普及していて家にいながらでも買い物ができるので、全然それで問題なし!

便利な育児グッズを活用しながら、楽しみながら育児していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です