みんな嫌がる仕上げ磨き!仕上げ磨きの基本とコツをご紹介!

仕上げ磨きを泣いて嫌がる子ども、多いですよね。

そうは言っても、子供たちが虫歯や歯周病にならないように、必死になって仕上げ磨きをしているお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。

毎日毎日泣いて嫌がられてしまうと、親も子も歯磨きの時間が憂鬱になってしまいます。

そこで、今日のテーマは「仕上げ磨きの基本とコツ

子どもが仕上げ磨きをさせてくれない!と悩んでいるお父さん、お母さんにぜひ読んでもらいたい内容となっています。

日々の歯磨きを楽しいものとするためにも、ぜひご覧ください!

そもそも仕上げ磨きを嫌がるのはなぜ?

まず、子どもが仕上げ磨きを嫌がる理由について考えてみましょう。

口の中に歯ブラシが当たるのが気持ち悪い

歯や歯茎に歯ブラシが当たる感覚が何となく気持ち悪いと思う子どもも多いようです。

特に、下側よりも上側、上あごのあたりに当たるのを嫌がる子が多いです。

そういう場合は、まず歯ブラシに慣れるところから始めましょう。

ずっと口を空けておくのが疲れる

長時間ずっと口を空けておくのは疲れますし、唾が出てきて不快な気分になる子もいます。

タイミングを見計らって、唾を吐き出させたり、休憩を挟んだりしましょう。

歯磨きのときに拘束されるのが嫌

仕上げ磨きの時に足で手を抑えて寝かせて、虫歯にならないよう必死になって歯を磨くお母さんも多いでしょう。

そうすると、無理やり抑えられて動けないし、お母さんの顔は怖いし…で歯磨きの時間は嫌な時間だと思ってしまう子もいます。

ですので、歯磨きは楽しい時間、お母さんと触れ合える時間という、いいイメージを持ってもらうために笑顔で楽しくやりましょう。

仕上げ磨きの基本

仕上げ磨きとは、子どもが1人でしっかり歯が磨けるようになるまで、子どもが歯磨きをした後に親が行うのが仕上げ磨きです。

仕上げ磨きはいつからいつまで?

乳歯が生え始めたら歯磨きスタート。

とはいえ、最初は歯ブラシでなくても大丈夫です。

口の中を触られるのに慣れるため、最初は湿らせたガーゼや綿棒で拭いてあげるといいでしょう。

慣れてきたら毛先がゴム製の乳児用歯ブラシで磨く練習を始めましょう。

毎日行うことで歯磨きが習慣化されます。

では、一体いつまで仕上げ磨きをすればいいのでしょうか。
⇒できれば、小学校卒業まで行ってあげるといいでしょう。

実は、乳歯よりも永久歯の生えたての歯のほうが柔らかいので虫歯になりやすいのです!

なので、小学生の頃は一番虫歯になりやすい時期なので、毎日は無理でも定期的に仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。

歯ブラシの選び方

子どもが使う歯ブラシと仕上げ磨き用を分けましょう。

子ども用歯ブラシは、年齢に合ったものを選ぶようにしましょう。

出典:Lidea powerd by LION

仕上げ磨き用の歯ブラシは、できるだけ頭の部分が小さ目で、柄が長めの大人が持ちやすいものを選ぶといいでしょう。

仕上げ磨きのやり方

まず、抑えておくべきポイントが3つあります。

  1. 歯ブラシの毛先を使う
  2. 毛先の部分を歯の面に対して直角に当てる
  3. 軽い力で小刻みに動かす(1か所につき20回ほど)

※力を入れて磨いても、歯茎が傷つくだけで汚れは落ちません。
毛先を使って小刻みに動かしましょう!

特に注意して磨きたい場所
  • 奥歯の噛み合わせの上下左右4か所
  • 上の前歯

仕上げ磨きのコツ

ここからは、仕上げ磨きを楽しく笑顔で行うコツをご紹介します。

楽しそうに歯磨きしている姿を見せる

歯磨きを始めるころ(1~2歳児)は、何でも真似をしたいお年頃。

そこで、お父さんやお母さんが楽しそうに歯を磨いていれば、きっと歯磨きは楽しいものなんだと思ってくれます。

1日1回はしっかり磨く

毎食仕上げ磨きをしっかりできれば何よりですが、毎食後は大変ですし、気も滅入ってしまいます。

1日1回だけしっかり磨けばいいんだ!と思えば、お母さんたちの気も楽になるはずです。

そうすれば、お母さんたちの余裕ができ、笑顔も生まれてくるでしょう。

鏡を持たせてみる

自分の歯がどう磨かれているのか見ることで、何されているんだろうと不安になることもなく、安心できます。

また、歯がきれいになっていくのを目の当たりにして、きれいにするのは気持ちがいいことと思ってくれるようになります。

子どもの好みの歯磨き粉にしてみる

歯磨き粉の味を子供たちに選んでもらうことで、歯磨き嫌いを克服できることもあります。

何種類か用意しておいて、日替わりで歯磨き粉を選んでもらうのもいいかもしれませんね。

また、泡立ちにくいジェルタイプにすることで、仕上げ磨きの際に口の中がよく見えるので、磨き残し防止になります。

歯磨き動画を見せる

我が家でもいろんな歯磨き動画を見せてみたんですが、これが一番ウケました。

これを見ている間に、仕上げ磨きを済ませるようにしています。

できたらたくさん褒めよう

歯磨きをするときのモチベーションにつながるので、些細なことでも褒めるようにしましょう。

「ちゃんと口を開けていられた」や「口を上手にすすげた」などで構いません。

お母さんに褒められれば、次も歯磨き頑張ろうって思ってくれます。

まとめ

「仕上げ磨きの基本とコツ」いかがでしたでしょうか?

歯磨きのポイントを抑えて、歯磨きがきちんと習慣化できるように、笑顔で楽しい歯磨きタイムにしていきましょう!

歯磨きをしてお口の中がきれいになるのが気持ちいいと思ってくれるようになれば、将来的にも歯磨きをしっかりする子に育ってくれるでしょう。

歯磨きの基礎固めとしても、将来のお子さんの歯を守るために、試行錯誤しながら一緒に取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です