妊娠中のカフェイン摂取はNG?カフェイン摂取の影響や摂取上限などをご紹介!

妊娠中や授乳中のカフェインは控えたほうがいいと言われていますが、日ごろからコーヒーなどを飲むことが習慣となっていたママにとってはとっても辛いですよね。

  • 妊娠中のカフェインの摂取は全くダメなの?
  • どのくらいなら飲んでも平気なの?
  • カフェインを摂取すると具体的にどのような影響が出るの?

そんな疑問にお答えするため、妊娠中のカフェイン摂取の影響と摂取上限などについて詳しく解説します!

カフェインの過剰摂取が及ぼす影響とは?

カフェインには血管収縮作用があるので、過剰に摂取するとさまざまな影響があるとされています。

具体的には以下の通りです。

  • 流産
  • 早産
  • 低体重児
  • 低酸素状態
  • 発達障害

血管収縮により、お腹の張りや流産、早産のリスクを高めます。

その上、赤ちゃんへ送られる血液が減少し、十分な栄養や酸素を送れなくなってしまい、赤ちゃんの発育を妨げる可能性があります。

妊娠中のカフェイン過剰摂取は母体にも影響が出ることがあります。

中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、不安、下痢、吐き気などの症状が現れることが多いです。

授乳中のカフェイン摂取もキケン?

妊娠中のカフェイン摂取がよくないことはよく知られていますが、実は授乳中のカフェインの摂取も気を付けなければなりません。

授乳中にカフェインを摂取すると、母乳を通じてカフェインの1%ほどが赤ちゃんにも流れ込んでしまいます。

赤ちゃんは、内臓が未発達のためカフェインを上手に排出することができず、体に溜め込んでしまいます。

授乳中のカフェイン摂取の赤ちゃんへの影響
  • 不機嫌になりやすい
  • 泣く回数が増える
  • 興奮して落ち着きがなくなる
  • 寝つきにくくなる

妊娠中のカフェイン摂取上限量は?

世界保健機関(WHO)は、妊娠中の影響の出ないカフェイン摂取量を1日300㎎までとしています。

そこで、どの飲み物にどのくらいカフェインを含んでいて、1日にどのくらいの量を飲めるのか見ていきましょう。

飲み物別カフェイン含有量一覧(1杯あたり)

ドリップコーヒー 90~120㎎
インスタントコーヒー 90㎎
玉露 240㎎
紅茶 45~75㎎
インスタント紅茶 30㎎
煎茶・ウーロン茶 30~50㎎
コーラ 40~60㎎
栄養ドリンク 36~150㎎

 

妊娠中のカフェイン上限量は?

1日のカフェイン摂取上限を300㎎とすると、以下のようになります。

  • コーヒー 2~3杯
  • 紅茶 3~4杯
  • 煎茶・ウーロン茶 6~7杯
  • ココア 10杯 (糖分の摂取しすぎに注意)
  • 栄養ドリンク ブランドによりカフェイン量が大きく違うので成分表を要参照。

チョコレートや抹茶などほかの食品にも含まれるので、上記よりも少なめに摂取したほうがいいです。

こうしてみると、妊娠中にカフェインを完全に除去する必要はないようです。

胎児や母体に影響が出るのは、あくまで過剰にカフェインを摂取した場合のこと。

ですので、摂取量をきちんと守れば、日々のストレス発散などに飲んでも問題なし

妊娠中におすすめの飲料

麦茶

ノンカフェインでミネラルも豊富な麦茶。

その上、発がん性物質を抑える抗酸化作用や血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

牛乳

赤ちゃんの骨や歯の形成に使われるカルシウム。

妊娠中に不足しがちなカルシウムを補ってくれます。

1日2~3杯を目安に飲むのがおすすめ。

カフェインレスコーヒー・カフェインレスティー

日ごろからコーヒーや紅茶をたくさん飲む習慣があって、1、2杯じゃ物足りない!という方にはカフェインレスがおすすめです。

カフェインレスに変えることで、カフェイン量を気にすることなくコーヒーや紅茶を楽しむことが出来ます。

ほとんどのカフェインレスコーヒーや紅茶は95%以上カフェインをカットしているので、10杯飲んでも摂取上限を超えません。

ハーブティー

カフェインが入っておらず、香りなどにリラックス効果があることから人気のハーブティー。

ビタミンやミネラルが豊富で妊婦に必要な栄養素を補ってくれます。

ただ、妊娠中に避けたほうがよいハーブもあるので注意してください。

以下のハーブは控えましょう。

  • ペパーミント
  • カモミール
  • ジャスミン
  • ハイビスカス
  • レモングラス
  • ハトムギ
  • ローズマリー(臨月から〇)

ハーブティーの成分欄に「妊娠中は控えましょう」という但し書きがされているので、チェックしてから飲むようにしましょう。

妊娠中に特におすすめしたいハーブティーはルイボスティーです!

ルイボスティーには、抗酸化作用がある上、マグネシウムやカリウム、亜鉛、ポリフェノールなど、妊娠中に摂取できると嬉しいミネラルを多く含んでいます。

ルイボスティー、最初に飲んだときは苦手でしたが、何回か飲んでると味に慣れて、むしろ美味しいと思うようになりました!